LOG IN

2018年の観劇まとめ

by ひめ

早いもので、2018年も大晦日となりました。

今年も楽しく観劇できて良い一年でしたが、ブログの更新をさぼってしまっていたので(汗)、今年最後に一年のまとめを書くことにします。

ジーザス・クライスト=スーパースター(エルサレム・バージョン)

名取公演 3月17日

JCSを観たのは4年ぶり。

今回は、期間限定の全国ツアーという珍しい公演でした。

会場の名取市文化会館は、音響が良くて観やすかったです。

ジーザスは前に観た時と同じ神永さんでした。前回よりさらに貫禄がついてて素敵でした。そしてアンサンブルがパワフルでかっこよかったです。

メリー・ポピンズ

東京公演 4月14日

ホリプロや東宝の舞台はこれまで観たことがなかったのですが、ディズニー作品ということで興味を持ち、行ってみました。

やはり音楽が素晴らしいですね。耳に残る楽しい曲が多い作品だと思います。

そして、ストーリーは映画版のような底抜けに明るいものではなく、ちょっとシビアな内容でしたが、私はこの舞台版のほうが好きになりました。また、映画にあった女性差別的な描写が無くなっていたのも良かったです。

メリー・ポピンズ役は濱田めぐみさんでした。優しいけど厳しいナニーはとてもはまり役でした。ラストシーンのフライングは印象に残りました。かなりの高さだったので、1階席で観たのですが2階や3階も良かったかなぁと思いました。

ノートルダムの鐘

横浜公演 4月14日

東京初演を観逃してしまったので、再演を心待ちにしていました。

とにかく重厚なストーリーで、人生や世の中について深く考えさせられる作品でした。シンプルな舞台装置を使い、小道具とキャストの演技だけで場面を表現する演出に引き込まれました。またアンサンブルやクワイヤによる合唱の迫力も素晴らしかったです。

ライオンキング

東京公演 4月15日

夏劇場に引っ越してから観るのは初めてでした。

演出もアップデートされていて、台詞の言い回しやダンスシーンの振付が新しくなっていました。

進化し続けるライオンキングをこれからもずっと観続けていきたいです。

ソング&ダンス65

仙台公演 4月29日

毎回楽しみにしているソング&ダンスシリーズです。

様々なミュージカルの音楽が演奏されましたが、ご本人登場率が高くて豪華な舞台でした!

オペラ座の怪人

仙台公演 10月24日

私が観たのは東京公演以来6年ぶりで、仙台で観るのは初めて。

佐野さんファントムは、とにかく熱くてかっこいいと思いました!

岩城さんクリスティーヌは、歌唱力が抜群で素敵でした。

オペラ座の怪人

仙台公演 12月16日

ファントムとクリスティーヌのキャストが変わったのでまた観ました。

村さんファントムはダンディで大人っぽい雰囲気でした。

久保さんクリスティーヌは、活発で明るいキャラクターでした。

今年はいろいろな作品を観ることができて、充実した一年でした。

来年は劇団四季で新作が2本上演されます。(「パリのアメリカ人」、「カモメに飛ぶことを教えた猫」)

どちらも楽しみです!

それではよいお年をお迎えください!

OTHER SNAPS